地酒とワイン たにもと屋 | 薩摩の焼酎専門店 鹿児島の隠れた銘酒をお届けします

観光名所案内

西 郷 隆 盛 洞 窟

鹿児島県のお酒のお店「たにもと屋」周辺の観光スポットの写真

西南戦争 最後の司令部

1877年(明治10)9月24日、午前4時政府軍城山総攻撃が始まりました。

城山に立てこもる薩軍兵士は、わずか300余。

これを囲む政府軍は何重もの柵をめぐらし、その数4万。

死を決した西郷は、夜明けを待って、5日間過ごしたこの洞窟を出ました。桐野利秋、別府晋介、村田新八、池上四郎といった私学校の幹部たちも一緒です。

この日の西郷の出立ちは妻のイトが縫ったしまの単衣に白い兵児帯。ゆっくりと岩崎谷を下ります。

その時流れ弾が西郷の腰に命中。別府の介錯をあおいで49歳の生涯を閉じたのです

西南戦争というのは、不平士族の反乱のあいつぐ中、西郷を慕う私学校の生徒たちが、政府の挑発によって引き起こした暴動が始まりです。首謀者の引き渡しか全面戦争か、その結論を出したのは「おはんらにやった命」という西郷の一言でした。

2月15日、ついに挙兵。

熊本で政府軍と激しい攻防をくりかえすも、近代兵器の前に敗退。

7ヶ月にわたる大乱の最後を、西郷は故山城山で迎えたのです。

西 郷 隆 盛 終 焉 の 地

鹿児島県のお酒のお店「たにもと屋」周辺の観光スポットの写真

「晋どん、もうここらでよか」

-波乱の道、ここに尽きる-

ズドン、ズドン!2発の銃弾が西郷隆盛の腰を大腿部を撃ち抜きました。城山洞窟を出てわずか300m、650歩でついに途は閉ざされたのです。

「晋どん、もうここらでよか。」

東を向き、皇居を伏し拝む西郷に、別府晋介の介錯の太刀が振り下ろされました。

1877年(明治10)9月24日のことです。

西郷を敬愛する私学校生徒を中心に強大な反政府精力となった薩軍が2月15日に50年ぶりの豪雪をついて熊本に軍を進めて以来、7ケ月もつづいた「西南の役」が終わったのです。

熊本城の攻防、田原坂の激戦に破れ、人吉から宮崎、延岡に追われた薩軍はついに解散。

西郷以下の幹部は宮崎県北の可愛岳を突破し九州の中央山脈を縦走する難行軍の末、故郷鹿児島を死に場所に選んだのです。

岩崎谷の銃声がやみ、西郷の死体が発見された時、政府軍の総司令 山県有朋中将は「翁はまことの天下の豪傑だった。残念なのは、翁をここまで追い込んだ時の流れだ。」と語り、いつまでも黙祷したということです。

鹿児島県のお酒のお店「たにもと屋」周辺の観光スポットの写真

南洲墓地

明治10(1877)9月24日、城山で西郷隆盛が自刃して、ついに7ヶ月にわたった西南戦争が終わりました。

熊本城の攻防、田原坂の激戦に敗れた薩軍は、多くの死傷者を出しながらも九州を南下して、故郷の城山を最期の決戦の場に選んだのです。南洲墓地には西南戦争に敗れた薩軍2023名もの将兵が眠っています。

岩崎谷で戦死した西郷以下40名を仮埋葬したこの地に、その2年後、市内各所に埋葬されていた遺骨を移し、さらに6年後には、宮崎・熊本・大分の各県からも集められました。

墓石は正面に西郷隆盛、左手に最後まで奮戦した桐野利秋、右手には篠原国幹、他には村田新八、辺見十郎太、別府晋介、桂久武など幹部が並び、鹿児島県令(知事)として西郷を支援し処刑された大山綱良や、わずか14歳にして戦場に消えた伊地知・池田両少年、兄弟5人が討ち死にした児玉兄弟、県外出身者の名も見られます。

また明治12年(1879)に設けられた参拝所は、大正11年(1922)西郷隆盛を祭るnanshuとなりました。

五 代 友 厚 誕 生 地

鹿児島県のお酒のお店「たにもと屋」周辺の観光スポットの写真

士魂商才
商都大阪を築いた薩摩藩士

幕末の激動期、最も早くから世界の進歩に目を向けていた一人にgodaiがいます。

1835年(天保6)儒学者の次男として長田町の城ケ谷で生まれた五代は、才助といった少年時代から、世界地図の模写や地球儀の制作で、海外への関心を高めました。

1857年(安政4)長崎に留学。

1862年(文久2)には藩命で幕府の千歳丸に同乗。上海に渡りドイツ汽船を購入して船長になりました。

薩英戦争では捕虜となり、一時裏切り者の嫌疑がかかり潜伏しましたが、帰藩が許されると、開国による富国強兵策を進言。

1865年(慶応元)藩の留学生を率いてイギリスに渡り、蒸気船や紡績機械の購入に奔走しました。

帰国後は御小納戸奉行になり海軍に従事、長崎に日本初のドックを建設しました。明治維新の活躍で、新政府では参与に任命されましたが、後に官を辞して実業界に転身。

1878年(明治11)大阪株式取引所(現大阪証券取引所)と大阪商法会議所(現大阪商工会議所)を設立し、自ら会頭に就任して、精力的に商都大阪の発展につくしました。

1885年(明治18)病気のため49歳の生涯を閉じました。大坂の阿倍野墓地に葬られています。

薩 摩 義 士 碑

鹿児島県のお酒のお店「たにもと屋」周辺の観光スポットの写真

神になった薩摩義士
80余名の犠牲の上に、沈黙した暴れ川

岐阜県に木曽川治水工事の犠牲者をまつる神社があります。

治水神社といい、今も1755年(宝暦5)の薩摩藩による工事に感謝する人々の参拝がたえません。

愛知、岐阜、三重の3県にまたがる濃尾平野は、今でこそ豊かな土地に生まれ変わりましたが、昔は川床の高さが異なる木曽、長良、揖斐の3河川が合流し、度々大水害をひき起していました。

1753年(宝暦3)幕府は薩摩藩にこの治水工事を命じ、藩はさっそく家老の平田靭負を総奉行に任じ、約1、000名を派遣しました。平田は大坂の商人から22万両を借り工事にとりかかりましたが、梅雨の増水でせっかく築いた堤が切れ、工事は困難を極めました。さらに、監督する幕府役人の横暴や疫病の発生により、自刃、病死する者が続出。

完成までの1年3ケ月の間に犠牲者は84名を数え、工費も40万両に達していたのです。

平田総奉行はその責めを一身に負い自刃。

藩政時代は幕府への遠慮から、彼らの偉業は公表されず、1920年(大正9)ようやく慰霊碑が建ち、義士として讃えられました。

鶴 丸 城 跡

鹿児島県のお酒のお店「たにもと屋」周辺の観光スポットの写真

御池

島津氏第18代家久によって構築され、270年間にわたって島津氏の本城であった鹿児島城(鶴丸城)本丸の東南隅に、御池と呼ばれる池がありました。明治時代初めに廃城となり、その後、城跡には中学造士館や第七高等学校造士館が建てられました。

昭和時代の初めごろ、七高のプール建設のため御池の石材の一部は鹿児島市の公会堂(現在の中央公民館)で使用し、大部分のものは鹿児島市鴨池動物園の庭園に移設されていました。

昭和46年12月、同園が平川へ移転のため、この石材は当時明治百年記念事業として建設計画のあった黎明館の庭園用に鹿児島市から譲渡され、昭和58年この場所に復元しました。

大悲水(大悲とは仏の広大な慈悲心をあらわす)と刻まれた石をつたって水が流れるこの池には、九皐橋がかけられています。

九皐は、沢の深い所、深遠な所という意味で、中国最古の詩集である『詩経』に「鶴鳴 于九皐 馨聞 于野」とあります。

鶴は、いかに奥深い沢で鳴いてもその声はどこまでも聞こえることから、賢人の評判は自然に遠くまで伝わるという意味です。

黎明館では、このような由緒ある池を江戸時代の歴史を偲ぶよすがとして、再び御池と呼ぶことにしました。