地酒とワイン たにもと屋 | 薩摩の焼酎専門店 鹿児島の隠れた銘酒をお届けします

日本酒

鹿児島市の朝日酒造日本酒地酒のたにもと屋
地元の米と水を用い、先人たちから受け継がれた技で、誰からもおいしいと喜んでいただける酒を造る。
朝日酒造は、品質本位の酒造りを追求しています。

鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋

鹿児島市の朝日酒造の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋
鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋
 明治42年(1909年)前田健市で出発。“京娘”“里の雪”そして“古伊万里”の名を通じ100有余年。
この伊万里の地で日本酒を醸し続けてまいりました。
 先代から引き継いだ今、蔵に良風を吹かせ、これからもお客様に笑顔で飲んで頂けるような酒を造り続けたいと考えます。
そのような酒造りを続けるためには、時代とともに変わるお客様の価値観や生活様式を十分に理解し、その時代時代で喜んで頂ける酒とは何かを常に考え続け、理想の酒を創るための工夫と研鑽を重ね、人様を喜ばせる酒を創り世に広めるためには、いかなる苦労もいとわない集団でありたいと思います。

鹿児島市の古伊万里酒造の日本酒地酒のたにもと屋
鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋
鹿児島市の酔鯨酒造の日本酒地酒のたにもと屋

 お酒造りにとって、お酒の味わいを決める重要な要素の一つが自然環境、特に気温が重要です。南国高知では、冬季の仕込み期間中でも気温が高く、決してお酒造りには適した土地ではありません。今では冷蔵設備が普及し、安定した造りが可能となりましたが、このような設備が少ない、その昔は酒造りをする上で多くの困難を伴いました。

 酔鯨の蔵は沿岸部、高知市にあり、気温の高い環境で酒造りをすることには昔から苦労してきました。一方、このような環境であるからこそ試行錯誤を繰り返し、その結果、特色のあるお酒造りが可能となりました。土佐の風土に根ざし、その環境があるからこそ育まれてきた土佐のお酒です。

鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋
鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋
鹿児島市の中尾醸造日本酒地酒のたにもと屋

日本酒は、我が国の長い歴史と風土の中で2,000年もの時をかけて育まれて来た素晴らしい食の文化です。
現在の私達の日常にも様々な場面で日本酒が関わっています。
私達の使命はこの伝統を守り、時流に流されない本物の日本酒を真心を込めて丁寧に造り、
それを口にした人の心を満たし豊かにすることだと考えます。

鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋
鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋 鹿児島市の日本酒地酒のたにもと屋