地酒とワイン たにもと屋 | 薩摩の焼酎専門店 鹿児島の隠れた銘酒をお届けします

当店こだわりの芋焼酎

鹿児島市芋焼酎とオーストラリアワインのたにもと屋の店内

鹿児島芋焼酎

鹿児島県薩摩半島の中央部に位置する山紫水明の地、金峰町に櫻井酒造はあります。
丹念に醸し上げた「薩摩の贅」の豊かな味わいをお愉しみください。

鹿児島芋焼酎

鹿児島の芋焼酎の金峰櫻井 金峰 櫻井 鹿児島の芋焼酎のおまち櫻井 おまち 櫻井 鹿児島の芋焼酎の黒櫻井 黒 櫻井 鹿児島の芋焼酎の小さな蔵 小さな蔵
鹿児島芋焼酎

創業以来、昔ながらの本格手造り麹を使い、仕込みは一次仕込み、二次仕込みともに、全量かめ壺仕込みによる醸造を代々続けてこられた大和桜酒造。

風味豊かで穏やかな甘味が品の良さを感じさせる逸品です。

鹿児島芋焼酎のたにもと屋
siraisi.png

明治27年、創業。港町として昔から賑わっていた鹿児島県いちき串木野市。

「三つの呼吸」が蔵の信条。まずは麹、確かな呼吸を続ける甕、そして木桶蒸留器と、すべて生きて息づくものばかり。

出来上がった焼酎は、包み込むようなふくらみのある旨味と香り。

鹿児島芋焼酎のたにもと屋
tamura.png

鹿児島でも限られた女性の蔵元。
芋の栽培に適した山川の自然が生み出した、黄金千貫を使い、昔ながらの仕込みにこだわる。

代表銘柄「薩摩乃薫」を始め、桑鶴ミヨ子氏が代表就任後に誕生した「純黒」や、白麹と日本酒用の黄麹を使い、醸した年間7000本限定の「鷲尾」、それぞれ個性を持った焼酎は、全国の酒好きを唸らす逸品ばかり。

405_junkuro-320x320.jpg
鹿児島芋焼酎のたにもと屋

「蔵人たちの思いは一つ、うまい焼酎をつくること。」
平成16年三代目社長八木栄寿が30年間休業していた家業の焼酎造りの再興を果たし、豊かな大自然を有する国有林「猿ヶ城渓谷」に蔵を移築しました。
仕込みはすべての工程を昔ながらのかめ壷で行う総かめ壷仕込み。

昭和3年創業当時の銘柄「八千代」を「伝」承する八千代伝は自社農園にて自社栽培された良質なさつまいもを使用し一次仕込み、二次仕込みすべてをかめ壷で発酵させる『総かめ壷仕込み」を行い仕込み水には猿ヶ城渓谷の地下水を使用しています。

鹿児島芋焼酎のたにもと屋
鹿児島芋焼酎のたにもと屋

焼酎界では関心の薄いとされていた、原酒の長期貯蔵による熟成に早くから注目し、新酒を出さない熟成の蔵元として、芳醇で深い味わいのある本格熟成焼酎の普及に力を入れるなど、熟成焼酎というジャンルを確立すべく日夜焼酎作りにはげんできました。
今後は当蔵元に代々受け継がれる焼酎づくりの可能性に賭ける一途な精神で、製販一体となって、魅力的な商品づくりを行っていきたいと思っております。

鹿児島芋焼酎のたにもと屋
鹿児島芋焼酎たなばた 鹿児島芋焼酎たなばた 鹿児島芋焼酎 鹿児島芋焼酎
鹿児島市芋焼酎の中村酒造場

昔ながらの純手造りの焼酎蔵

中村酒造場は、鹿児島県霧島市にある国分平野と呼ばれる田園地帯にあり、1888年から今日まで続いています。焼酎造りの“命”とも言うべき麹造りを、九州でも三蔵しかないといわれる石造りの麹室にて行い、すべての銘柄を純手造りの製法により仕込んでいます。

鹿児島芋焼酎の中村酒造場
鹿児島県芋焼酎のなかむら 鹿児島県芋焼酎 鹿児島県芋焼酎 鹿児島県芋焼酎